タロットダイニング&バーで、開運ディナーを召し上がれ

タロットダイニング&バー369(ミロク)

ささやかな幸せや希望を見つけられるヒントを求めて

渋谷・松涛。駅前の喧噪を離れると、ひっそりと神秘的なムード漂う店が現れる。「タロットダイニング&バー369(ミロク)」。
日本におけるタロット占いの第一人者、ステラ薫子さんがプロデュースし今年の秋にオープンしたばかりの話題のお店だ。店名も数字「3」は三位一体を、「6」は愛を、そして「9」はスピリチュアルを表している。また369(ミロク)は弥勒菩薩に通じ、ストレスフルな社会で生きる私たちの悩みを解消すると同時に癒しを与えてくれる存在を彷彿とさせる。さて、一体どんな驚きと癒しが待っているのだろう。

扉を開いて店内に足を踏み入れると、青い壁が静謐で神秘的な雰囲気を漂わせながらも、壁にかけられたタロットカードの絵(天然石が散りばめられたステラタロットの原画)や弥勒菩薩の像のインテリアなど、どこかワクワクさせられるような気持ちの高まりを感じる。テーブルにつくと、卓上にはカトラリーやナプキンと一緒にタロットカードが並べられており、まずは今日の運勢を占ってもらえる。カードを引く瞬間というのは、どこかエキサイティングな要素を孕んでいるものだ。同席したパートナーと一緒に今日の運勢についてひとしきり話題が盛り上がったところで食事がスタート。

369では、ドリンクや料理の全てに通じて「運気アップ」の仕掛けがある。おすすめしたいのは、タロットカードの意味と紐づいた味わいでさまざまなインスピレーションを与えてくれる「オリジナルタロットカクテル」。たとえば、「The Lovers(恋人たち)」は、恋人たちに贈る恋愛運アップカクテル(1,200円)。フランボワーズと苺のリキュールの魅惑的でロマンティックな甘さの中に、グレープフルーツの甘酸っぱさがミックスされた絶妙な一杯。ラッキーカラーやラッキーナンバー、または先ほど自身が引いたタロットのカクテルを注文してみるのも楽しい。乾杯するとき、人は何かに思いを馳せている。そうした願いや思いを後押ししてくれるお酒で、より思い出深い瞬間を味わえるはずだ。

_MG_4444

オリジナルのメニューの数々と、名物「タロット・カクテル」。


ドリンクのみならず、料理のクオリティの高さにも驚かされる。かつて南極越冬隊で料理人だったという島田シェフが旬の味を活かして、ここでも「開運」のアイデアとのコラボレーションが実現。おすすめのコースメニューは、「今月の星座コース」(ひとり4,980円)。一年の締めくくり12月の星座は「いて座」。テーマは、2011年の運気アップ! コースの内容を見てみると、アミューズの「黒トリフとパルミジャーノのチーパ」。風水では、出会いは香りのよいものからやってくると考えるそうだ。贅沢な香りの食材・トリフのパンを食べることで、2011年の金運につながる出会い運をアップさせてくれる一皿なのだ。

続いて前菜、魚料理と続き、メインは肉料理。貯蓄力をUPする牛肉や、愛され力をUPするフォアグラを、出会い運をUPする丸いパイで包んだもの。丸い食べ物には対人運や金運をアップする作用があり、包むメニューには、自分を守る作用もあるとか。クリスマスシーズンらしい贅沢なメインディッシュとなっている。最後のデザートまで、ボリューム満点だが飽きることなく、楽しいひとときを過ごせるだろう。もし、知り合ったばかりの人との食事でも会話のネタにはきっと困らない。

ここには、驚きと癒しだけではなく、人をつなぎ、食を楽しみ、そしてささやかな幸せや希望を見つけられるヒントが探せる、そんな不思議なレストランなのだ。日常の中で起こるよいことも、そうでないことも、ゆっくりと見つめ直して次へつなげていきたくために。タロットダイニング&バー369で運気をたぐりよせれば、来年(未来)への扉もずっと軽くなって、新たらしい一歩が踏み出せるはずだ。


「ヨルコ×ヨルタ」on twitter


information

タロットダイニング&バー369(ミロク)
東京都渋谷区松濤1-1-3 ジョワレ松濤B1
Tel:03-3460-3691
営業時間:18:00~26:00
休日:日曜日
※個人鑑定は20分2000円