横浜で遭遇する“他者”、韓国で活躍するクリエイターたちが紡ぐ物語とは?

flyingCity

あなたの内面から湧き上がる、他者との出会いを体験してみて

新たな創造と発信を行う「文化交易」の拠点として、「様々な人や文化が出会い、つながっていく空間」をテーマとする横浜・みなとみらいの象の鼻テラス。
2010年12月 3 日(金)から2011年1月23日(日)まで、韓国を代表するクリエイティブ・デザイン・スタジオ、 「flyingCity (フラインクグシティ)」による、日本では初めてとなる個展"flyingCity展-生物機械ターミナル"を開催している。

フライングシティとは、建築やデザインなど、普段は別のフィールドを持ちながら活動を続ける、韓国の国内外でも高く評価されているクリエイティブ集団。アート作品を発表する一方で、エルメスのディスプレイや、ナイキなど各方面のブランドの内装なども手掛けている彼らが、横浜で一体どんな作品を展開するのか、注目が集まる。

今回は、"他者(自分とは異なる存在)との出会い"をテーマとした、横浜ならではの物語がベースとなったイルミネーションのようなインスタレーションが展開される予定。展示されるのは、巨大でいびつな形の照明オブジェを用いたインスタレーション《Bio-Mechanism Terminal》。ターミナル化したテラス内を浮遊する不気味な「生物機械」は、まるでアニメに出てくるような未来の乗り物や宇宙船、未来の旅を想起させると同時に、「他者」の存在を強烈に示し、旅を通じて出会う「他者」との関係性を突き付ける装置となり、観るものへ深い思想の扉を開かせる。

フライングシティが光を当てた横浜のいつもと違う一面に遭遇し、あなたの内面から湧き上がる他者との出会いを体験してみてはいかがだろうか。普段、アート作品に触れることのない人にもぜひ足を運んでみて欲しい。


「ヨルコ×ヨルタ」on twitter


information

flyingCity展―生物機械ターミナル
会期:2010年12月3日(金)~2011年1月23日(日)
時間:10:00~18:00
会場:象の鼻テラス