プロポーズ特集「もしも結婚したら・・・が見える手相」

あなたにとって結婚相手の条件とは? ルックス、性格、経済力、学歴......それとも?
結婚線をパッと見るだけですぐにわかる、誠実な夫タイプの見分け方を伝授。
社会と繋がっていて後天的な相が現れる、右手で鑑定してみて。
A:0本
女性に苦手意識があり、恋愛についてはかなり奥手なタイプ。もしくは結婚そのものに興味のないタイプ。残念だけれど、結婚相手以前の問題。

B:1本
誠実度ナンバー1の相。生涯のパートナーとして最高の相手。しかし、結婚線が下や上を向いていたら、かなりクセのあるタイプと認識して。

C:2本
誠実度はかなり高めだが、それ故、もしも彼が他に好きな女性を見つけてしまった場合、ただの浮気では済まされない落とし穴も。しっかり手綱を握って。

D:3~4本
誠実なところもあるが、わりと良くモテるタイプなので、ときに浮気に走ることも。あなたにいざというときの覚悟があるならば、大丈夫。

E:5本以上
恋愛体質の彼なので、じつは結婚生活にはあまり向かないタイプ。あなたも彼に負けないくらい恋愛体質ならば、釣り合いがとれることも。

完璧な愛を求めるが故に、もしもあなたが結婚そのものを恐れているとしたら、それは間違いなく時間の無駄。 いずれの結果が出ても、彼とふたり幸せになる努力=誠実な愛を育てる努力を怠らなければ、その先にきっとhappyな結婚ライフが待っています。
ときどき世にも贅沢な相談を受けることが。
「この結婚でいいのでしょうか...」なんてことを口にするのは、なぜか決まって女子!なのです。そんな女子の手相鑑定をしてみると、大抵は「な~んだ。この結婚をちゃんと心に決めているではないですか」という結果。
そう、結婚線を観れば、あなたの婚期は一目瞭然。早速、両手の結婚線をチェックしてみましょう!
Yes
数本ある結婚線のうち1本が赤く染まったり、1本が際立ってはっきりしてきたら、婚期が近づいている証拠。 ここぞ!というチャンスを逃さずにつかもう。

No
結婚線が現れている部分の血色があまり良くない場合、今は結婚を決める時期ではないとうこと。 あせらずにじっくりとパートナーを見極めよう。

番外編:既婚者で結婚線が赤く染まっている場合
「もう一度結婚できますよ」という暗示。 ただし、実際にもう一度結婚するかどうかは、あくまでも本人のセレクト次第。

結婚線はわりと変化しやすい線なので、こまめにチェックすることをオススメします。 さあ、あなたの鑑定結果は?
あなたはいつか母親になることを考えている? 具体的 or 漠然と?
いずれにしても出産は相手あってのことで、その前に人生のパートナー選びが必須。 何歳で結婚して何歳までに子どもを産まないと......なんて気持ちばかりが先走ることもあるでしょう。 しかし、結婚→出産なんて順番にはあまりこだわらない「子だくさん」手相というのがあります。
早速両手でチェック!
Yes
生命線の内側の肉付きが非常に厚い場合、生命エネルギーがとても高く、子孫繁栄能力に優れている証拠。 つまり、潜在的にDNAを残そうという意識があり、子宝に恵まれるタイプといえる。 同時に愛情豊かな面を持っているので、自然体で子育することができる。
子育てを通して人として大きく成長していくタイプともいえる。

No
生命線の内側の肉付きが非常に薄い場合、生命エネルギーが弱く体力がないタイプ。 よって、子孫繁栄能力は低め。 しかし身体を鍛える努力をすれば、生命線の内側の肉付きが厚くなり、子孫繁栄能力は高まる。 まずは、基本的な体力作りに気を配ろう。
生命線の内側の肉付きが特別厚くも薄くもない場合、ほどほどな子孫繁栄能力の持ち主といえる。

子孫繁栄能力が高いということは、とても平たく言えば、かなりのH好きだということ。
その結果子どもが先に生まれたとしても、二人に愛があれば、ばんばんざい!
結婚して妻となった自分の姿を想像してみましょう。 家で夫の帰りを待つあなた。 仕事から帰宅した夫に、三つ指ついて「おかえりなさい」と言えるでしょうか。 実際に三つ指は付かなくとも、せめてそんな気持ちで迎えることは?
「あげまん」と言われる女性たちは、とにかく夫を徹底的に立てることで、じつは夫の操縦法を心得ています。 こんな彼女たちにはある特徴が。 早速両手でチェックしてみましょう。
Yes
感情線と並行して伸びる結婚線から上向きの短線が現れている場合、結婚生活を明るく盛り上げるエネルギーの持ち主。 いわゆる夫の運をグングンあげる「あげまん」タイプである。
もともと単に配偶者に依存するのではなく、自分の力で生計をたてるだけのバイタリティを持っているので、妻としての役割を徹底的にこなす能力を兼ね備えていると言える。

No
感情線と並行して伸びる結婚線から上向きの短線が現れていない場合、夫の運をあげる「あげまん」タイプとは言えないが、安定した家庭を築く資質を持っている。
しかし、結婚線から上向きの短線が現れているものの結婚線そのものが下向きの場合、逆に夫の運を下げる「さげまん」となる可能性が大。 まずは、パートナーとの関係性を改めて見直す必要が。

幸せな家庭を築く基本は、パートナーを尊重することに尽きるもの。 「あげまん」はその極めつけと言えるかもしれません。
まずは、相手に感謝の気持ちを伝えることから始めてみては?
ゆきまる  Yukimaru
幼少から占い好きで18歳のころに手相に興味を抱く。 またその傍ら音楽業界への道を志し、CMソングなどを歌う経験を持つが、いつの間にか好きが高じて手相観として本格始動。 今までに音楽業界、出版業界、はたまた相撲業界に至るまで著名人の手相を多数鑑定。
今もっともわかりやすい手相占いとして、各メディアで活躍中。

>> ヨルコ×ヨルタ 手相観ゆきまるのモテソウ☆ナイト