生理痛のつらさ、どこまで我慢したらいい?

内膜症などの病気が隠れていることも

生理痛のつらさ、どこまで我慢したらいい?

ちょっぴり生理痛がつらい。 だけどどうしても婦人科に行くというのが気恥ずかしいし、痛みは人と比べられないから、私と同じような人も病院に行かずに頑張っているのかも......と、どうしたらいいのかわかりません。 生理痛のつらさ、どこまで我慢したらいいの?
(26歳 和子)

内膜症などの病気が隠れていることも

昔は生理痛は病気じゃないと言われていましたが、日常生活の妨げになるような生理痛は我慢するものではありません。 とはいえ、痛みの感じ方は人それぞれなので、どの程度の痛みが「異常」なのかは判断が難しいところ・・・次のような場合は、病気のチェックも含めて婦人科で相談すべきだと思ってくださいね。 「毎回痛み止めを飲まないと生活がままならない」「痛み止めを飲んでも効かない」「生理痛のせいで予定を変更したり仕事に支障が出たりしたことがある」「だんだん痛みがひどくなっている」。 26歳なら痛みがあってもなくても1年に1回は婦人科検診が必要な年齢。 気恥ずかしいなんていってる場合じゃありません。

生理痛がひどい人は、内膜症などの病気が隠れていることもあるので、一度はきちんと受診して調べておいた方が安心です。 また、何かあってからあわてて婦人科を探すより、日ごろから気軽に相談できるかかりつけを持っておく方が、女性としての健康管理にとっては便利なんですよ。 子宮がん検診を受けるついでに、生理痛についても相談してみてはいかがでしょう?

なおみ先生のプチ★アドバイス

☆毎回動けなくなるほどの生理痛があって量も多く排便時や性交時にも引きつるような痛みがある
→内膜症の可能性あり。 早めに婦人科で診てもらおう。

☆生理痛は痛み止めを飲めば何とか治まるけれどすぐにまた痛くなる
→明らかな原因がなくてもひどい痛みはピルでコントロールしたほうがベター。

☆生理痛はあるけれど痛み止めを飲むほどじゃない
→入浴やストレッチなど生活改善で血行をよくして、より快適に過ごせるようにしよう。

※本サイトは、万が一、本情報が原因で発生した損失や損害について一切責任を負いかねます。 本情報を使用・活用される際には、必ず最寄りの医療機関等への相談を行ってください。
※現在、なおみ先生へのご質問は締め切らせていただいております。 メールやお電話にてご相談いただきましても、お答えいたしかねますので、予めご了承くださいませ。

須藤 なおみ  Naomi Suto

「全ての女性に美と健康を!」をコンセプトに現場で診療にあたる産婦人科医。
ダンスとミュージカルで20年以上の舞台歴を誇るかたわら、女性医療の先駆者に弟子入りして最先端の性差医療を学ぶ。 現在、都内の総合病院産婦人科に勤務。
2004年に開設したブログ「Dr.半熟卵のつぶやき」が100万アクセスを越える人気サイトとなり、書籍化。 幸せな恋愛のスペシャルサポーターとして、携帯・PCサイト「Dr.なおみのラブ&バディカフェ」でセーファーセックスを広め中。 日々の診療以外でも、女性のヘルスケアを支えている。

ブログ:Dr.半熟卵のつぶやき http://plaza.rakuten.co.jp/hannjyuku/
サイト:Dr.なおみのラブ&バディカフェ http://www.love-body-cafe.jp/
ケータイ小説「産科病棟24時」:http://gocco.jp/b/gyne24

須藤なおみ